偽物に騙されない!本物のバイアグラでEDを改善する!

100mgに注意

様々な薬

バイアグラの主成分はシルデナフィルという成分です。
シルデナフィルには血管拡張作用があるので、陰茎の海綿体の緊張を和らげ、血管を拡張することで血行を良くし、
海綿体に血液を集め、勃起を促進させてくれます。
また、人間の体内には勃起を促進させる酵素と、抑制させる酵素の2つがあります。
極度の緊張や不安など、精神的なストレスが増えると、この勃起を抑制してしまう酵素の働きが活発になります。
そして、勃起ができなかったり、中折れしてしまったりと、心因性EDになってしまうというわけです。
バイアグラの主成分であるシルデナフィルには、勃起を抑制してしまう酵素の働きを阻害する効果があるので、
心因性EDにも高い効果を発揮してくれます。
しかし、シルデナフィルも適量だからこそ高い効果を発揮してくれるのであって、
シルデナフィルが多く含まれていれば良いというわけでもありません。
他の国では100mgものシルデナフィルを含んだバイアグラが販売されていますが、
日本では25mgと50mgのみ販売が認められています。
もともとバイアグラは海外で開発された薬なので、世界的に見ると小柄な日本人男性が100mgのバイアグラを使用してしまうと、
重篤な副作用を引き起こしてしまう可能性もあります。
しかし、市場に出回っているバイアグラの中で、シルデナフィルが規定内だったのはわずか10.1%だったという調査結果もあります。
つまり、それだけ偽物が多く出回っているということです。
日本で100mgのバイアグラが販売されていることはまずありえないので、100mgという数字を見かけたら偽物かもしれないと疑ってみましょう。